特定非営利活動法人 グリーンラインを愛する会

「グリーンラインを愛する会」って?

グリーンラインを愛する会って?

「グリーンラインを愛する会」が目指すもの

 県道251号線、通称グリーンラインとその沿線の緑と環境を守り、地域住民の憩いの場として、観光の拠点として、官民協働で整備・維持することをめざしています。

これでいいの?からの始まり

倒木、松枯れ、ゴミの不法投棄、野犬‥‥緑豊かな景勝の地である筈のグリーンラインの、あまりにも荒れ果てた姿に、「何とかしなければ!」が集まって

2000年2月 任意団体「グリーンラインを愛する会」を結成。

2003年3月 特定非営利活動法人の認証をうける。

こんな活動をしています

瀬戸内海国立公園後山を中心に清掃作業‥‥トイレも新しくなったのですけど、使う人のマナーが??です。

沿線のゴミ拾い‥‥当初は粗大ゴミもずいぶん沢山捨てられていましたよ。時には自動車やボートも。

  

倒木・危険木の伐採・除去‥‥伐採した木々はチップ化して、堆肥にしたり、雑草抑止や遊歩道の舗装などに再利用しています。

植樹運動‥‥グリーンライン開通当時はかなりの数の桜が植えられたようですが、手入れも届かず枯れたものも多いとか。そこで寄贈者を募って、桜等の植樹を行っています。間もなく花見の名所になりますよ。

  

活動日は‥‥毎月第2日曜日です。それ以外にも臨時に作業をする事もあります。

~グリーンラインを愛する会の誓い~

私達は 地域の環境の保全と活性化の責任は

私達住民にあることを自覚し

行政・企業・各種団体と協力しながら

その役割を果たすことを誓います

また 私達は官民協働のモデルケースとして

行政とのより良い関係作りを目指し

お互いの立場を尊重しつつ お互いに支えあい助け合って

安全で 豊かなふるさと福山を作ることを誓います

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.