2020年度が終わり、新しい年度がスタートしました。
昨年度はスタッフの体制を再構築し、実行力のある態勢づくりを行いました。
その結果、様々な懸案事項を解決し、また、新しい事業を行う事が出来ました。
年度跨ぎの最終の作業が「メルシー隣地の県有地の整備」でした。
この場所は約18年前に広島県の許可を得て桜を植樹し、しばらく本会管理基地として使用していた場所です。
当時は人の背丈よりも高く草が茂り、ボヤ騒ぎもあった場所です。
その後は本会が年1回程度草刈りを行ってきましたが、なかなか皆様に利用していただける場所にはできませんでした。

2021年3月からこの場所の整備に着手し、年度代わりの4月6日が整備3日目でした。
車を乗り入れる部分に砂利を入れました。
当日は見事な桜のじゅうたんで、その上から砂利を入れるのをためらう程でした。
オール人力で坂道の修正や砂利を敷きのばすなどの作業を行いました。
これで一応一般の方の利用が可能になりました。
あとは11日の日曜日に草刈りと、ベンチの設置、崖への侵入抑止のための柵、入り口の看板の設営等を行います。

来年のお花見には大勢の方に利用していただきたいと思っています。

(特非)グリーンラインを愛する会
  理事長 丸山孝志

http://greenline251.com/
https://www.facebook.com/greenline251/
https://www.facebook.com/takashi.maruyama.18